サラリーマン番長2の真実

表向きはサラ番2の実戦などが全く出てこないが、実際は打ってる人は結構いる。開いているホールがどんな想いで開けているかは中の人にしかわからないが、これだけ世間から叩かれてる中で開けるプレッシャーは武志に散々聞かされているので、筆舌にし難いものだ。

私はと言うと、軽いジャンキーではあるので当然打ちますw 隔台で、電源が落とされてるところなんかは快適そのもの。列で私一人なども普通だ。

パチンコホールはそもそも三密に値しないとの見解も、アンチの人以外は普通。もちろん少なからずリスクはあるが、経済死と感染死の違いはなんか違う? 全てのホールが休業したら、心が壊れるやつとかそこら中にいると思う。

さてさてサラ番2

端的に言うと、大都版まどか叛逆です。

ただ!
スラッシュがきもちええ!


もうそれだけである程度許せる。

ゲーム性はゲーム数管理ではなく、マップ管理。


その辺はサラ番と同じ。ただ個人的には全く解除しないというか、ほぼレア役からのボーナス当選でした。設定の問題は、モード依存だけなのか
それともリゼロみたいに隠された何かがあるのかは謎。

今回押忍弁当というのが存在してて、前作の押忍ベルをイメージしてください。ここから仁王門的なCZに行くこともあれば、そのまま前兆⇒ボナ当選もありました。ここには設定差多少あるでしょうね。前作鑑みると30%~40%かな?

直撃ラッシュが高設定ほど起こりやいと思われ。


星矢SPみたいにボナかと思いきや直撃もあると思います。そもそも下は天井(799G)まで連れてかれるので注意。

そして3戦突破型です(汗)
20G勝利⇒5G勝利⇒5G勝利で晴れてラッシュになります。

なんで今更そうしたのかはわかりません。


スラッシュ入れれば?

20G中に突破率を上げていくタイプですが、100%を超えると上乗せに回ります。

↑は110枚の上乗せされて210枚スタートでした。
そう、差枚数管理です(汗)

受けてない要素を入れて作ってはいますが
スラッシュで気持ち良くなれば少し晴れるかとw

そのスラッシュは差枚数が一定の場所で確率が上がります。約1/110位の模様。

これに入るか入らないかで大きく変わるというか
入れないとまず駆け抜けます。

マックスこんなもんでしたが、結構楽しめました。コロナがなければ、フル稼働で盛り上がってたでしょうね…。一度天井行くとすぐ空き台になるんで。

立ち回り的には⑥が入るかどうか。
上下は6号機的なボナ当選と直撃があるかないかである程度見て、偶奇はモードB(100Gなどの奇数のとこの夕方)に行くかどうか。⑥は200のゾーンほぼ超えない模様です。


今は⑥使う所少ないだろうけどねw

■応援よろしくお願いします!
にほんブログ村

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です